本文へスキップ

ジーパンなら新品よりも古着のほうが趣きもあって良品です。

小物類

シューズ

小物類 写真

男性でも女性でも、靴を買ったけど思ったほど似合わないし履き心地もいまいち だから3回以内の使用で見限った、もうきっと履かない、と決心することが たまにはあり、下駄箱の肥やしになっているシューズが数足貯まっている家庭も ちらほらとあるようです。 これが少数なら下駄箱も正常に運用できるでしょうが、あまりに増えてくると スペースを圧迫して収納できなくなった靴が玄関に出しっぱなしになりちょっと 不快な感情も芽生えてしまいます。 そんなに臭わないとしても見た人の印象はよくありませんし、だらしのない家 だなと思われるかもしれず利点はひとつもないでしょう。 なので使わない靴があったらリサイクルショップに買取してもらい、整理整頓の できる人になったほうがその家族とたまにやってくる客人にプラスになります。 夏の暑い日に玄関に何足もの靴が乱雑に散りばめられていると、なんとなく嫌な 印象を与えてしまうのは否定できません。 もう履かない靴ならお金を払ってでも処分すべきで買取してもらえるならラッキー、 くらいのつもりでリサイクルショップに引き取ってもらってもいいのです。 レアなバスケットシューズなら数万円の高額査定がされるかもしれませんが、 普通に売っているような靴だとそれほど楽しみな見積もりは期待薄です。 でも下駄箱の中身がスッキリしますし、つい衝動買いして失敗した思い出を 早く忘れるためにも金銭的なことを度外視して早急に処分したい品でしょう。



帽子

頭の天辺に被せるようにして使う帽子は、いろいろなタイプがありデザインも豊富 なのでいくつも買い込んでしまいがちなオシャレアイテムです。 麦わら帽子をいくつも所有している若者もけっこういるそうですが、新たに気に 入ったキャップを買い増すごとに使用頻度の低いものがでてきます。 一度に着用できる数には上限があり、たとえ軽いタイプの帽子でも3つ4つを 同時に着こなすことは不可能に近いからです。 無理して頭に乗せれば7つ位はいけるかもしれませんが、それがオシャレかという 疑問には否定的な意見が多数を占めるでしょう。 どんなに数多くの帽子を持っていてもファッション的には一度に1つしか使用 すべきではないので、新作を購入するほど不要かもしれない帽子が部屋の中に 蓄積されていくのです。 また年齢によってファッションスタイルや愛用するキャップも変化するので、 今はお気に入りの帽子でもすぐに使われなくなる場合があります。 自分の中の流行によっては先週まではマストアイテムだったものが、今週以降は 不用品に成り下がることが多々あるのでリサイクルされるキャップは素人が想像 している以上に出回っているようです。 他にも薄毛を気にして外出時は帽子が手放せなかった人が薄毛治療をしたり、 カツラを購入して帽子無しの人生を歩むことに成功した場合も古着として買取 してもらうことがあるそうです。



ベルト

腰に巻くベルトはその人の太さに合わせて使うので、朝昼晩ゴハンをモリモリと 食べているとウエストが育ってサイズが合わなくなってしまいます。 ある程度の年齢に達したら大きく増減することのない腰周りですが、10年単位で 考えるとけっこう増えたり太くなったりもするので、もう巻けなくなることも ちょくちょく起こります。 学生時代はスリムなスタイルでキャンパスで注目を集めていたスポーツマンでも、 就職活動でいくつもの面接を受けて無事会社員になり、15年も勤務する頃には 中年太りと呼ばれる体形に変貌するのも珍しくはありません。 そこまで長期間でなくても毎晩のようにお酒を飲む人なら、数年でだらしのない たるんだ腹部になってしまいます。 そうなれば使っているベルトもきつくなり、長さの調整が出来なくなったらもう ダイエットでもしなければ腰に巻くことは無理でしょう。 そんな方が所有していたベルトがリサイクル市場に流れてくるのですが、稀に もっと新品に近い状態の品も販売されています。 自分のスタイルを把握していなくてかなり無謀なスリム体形向けのベルトを 購入してしまったり、長さの調整で短くカットしすぎてしまったために一度も 使用することなくお役御免になったベルトたちです。 そんなベルトならリサイクルショップでかなり格安なお値段で売られているので、 気分が良い日には試しに売買して自分のスタイルを確認しても面白そうです。



バナースペース