本文へスキップ

ジーパンなら新品よりも古着のほうが趣きもあって良品です。

レディース

ジャケット・コート

レディース 写真

買取してもらったり古着で購入する機会が多いレディースファッションは、上着類 だと私は思っていますがどうでしょうか。 シャツよりも丈夫で長持ちするので寿命が長い、なのでひとりのオーナーが飽きても 次の人が使うことはまだまだ出来る状態であることからそう予想するのですが、 それほど間違ってはいない自信はあります。 よほど激しい着方をしなければコートが1シーズンでダメになることはありませんし 物持ちのいい人なら10年は同じコートを使い続けることもできるでしょう。 一年のうち2〜3ヶ月しか着用しないこともあり消耗が軽度なコート類は、冬を 1回越えた程度ではまだまだ新品同様の美しさを持っておりその魅力が色褪せる ことはありません。 外出の回数が少ない人や自動車の運転が好きな人だと冬でもコート無しの日が多く、 年間に3回しか着られないコートだってありそうです。 そんな状態なら古着といえど喜んで欲しがる人もいますので、リサイクルショップ で高価買取をしてもらえるチャンスがあるわけです。 またジャケットも夏にはあまり着られませんので、コートほどではなくても新品 に近い姿でタンスの中に眠っている品が多くありそうです。 女性はお洋服を購入する頻度も男性より高く、収納が困難な量の衣服を抱えること になったら古着として処分するのはいいことだと思います。 捨ててしまうのはもったいないですし、再利用可能な資源は使うべきでしょう。



ワンピース・ブラウス

お嬢様っぽいワンピースやブラウスも古着で流通する量は少なくなさそうです。 ブランド品で素敵なデザインのワンピースを勝負服として買ってはみたけど、 良い品ほど普段は着ることがなく持て余し気味になってしまうものです。 いざという時に備えて持っていたほうがいいのだけど、というポジションの物は たいていなくても困ることはあまりなく、邪魔だなと思って処分される瞬間が 訪れる運命は避けがたいことのようです。 そもそも勝負するあてもないのに勝負服を購入しているような人もいるので、 ワンピースやブラウスなんかも古着としてリサイクル市場に流れるのでしょう。 これは「いつかセブ島に泳ぎに行く日がくるかもしれないし水着を買っておこう。 海外のビーチだしビキニでとびきり派手なやつを」と似たようなもので、準備を すると言えば聞こえはいいですが実行される予定もない計画のための出費は、 あまり有意義なお金の使い方とは思えません。 もしセブ島に行く機会がないまましばらく年月が過ぎると、そのビキニを着れる 体形ではなくなる可能性も低くはありませんし、もっと時間が経過したらビキニを 着てはいけない年齢に達してしまいます。 自宅で数回試着をしただけで一度も海水に浸かることのないまま、その水着は 役目を終えてしまうのです。 望まれなくてもこのような扱いをされやすいワンピースやブラウスが古着として リサイクルショップに並んでいるので、けっこう良い品が多いのです。


シャツ・タンクトップ

下着の次に薄着のシャツなんかもよく古着で出回っています。 あまり人の着たものは着用したくない、そう思う人間も多そうですが下着でさえ なければ問題ないと割り切っているのか古着屋ではとても大量に陳列されています。 年齢の高い大人だとあまり買取してもらおうとしないシャツやタンクトップは、 もう着なくなったら雑巾にしたり焼却したりゴミに出して処分しますが若い女性 の場合は自分がそのデザインに飽きただけでまだ着れそうなら、リサイクルして もう何人かの人に身につけてもらおうと考えます。 その理由はエコロジーなことも多少はあるかもしれませんが主にお金で、買取 してもらえば多少なりともお小遣いになるからです。 たとえ数百円でもちりも積もれば山になるので、何着か売って次のお洋服を買う 原資にしているのでしょう。 買ってから何年も使ったシャツだと服としては売れなくなりますが、数回着た だけなら充分売り物にはなります。 地味なシャツだとわざわざそんなことをしないでくたびれるまで何度でも着用 し続けるのですが、ユニークなプリントがされていたり奇抜なデザインのものだと それではもったいないという心理が働き、リサイクルを考えてしまうのでしょう。 シャツやタンクトップ以外にも、キャミソールやカーディガン、パーカーや スウェットも状態が良ければ買取してもらえるので、もう着なくなった衣服が 押入れに眠っているのなら買取してもらうことも選択肢としては魅力です。



バナースペース